[23日 ロイター] - バイデン米大統領と岸田文雄首相は23日の会談で、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発や中国の「国際法に反する一段と抑圧的な行動」を含む安全保障上の課題で緊密に連携することを確認した。米ホワイトハウスが声明を出した。

バイデン氏は岸田首相がロシアによるウクライナ侵攻への対応で主導的役割を果たし、日本の防衛能力を強化する決意を示していることを称賛。日米の強力な同盟関係はインド太平洋地域の平和と安定の礎だと指摘した。

日米首脳はまた、新興技術、サプライチェーン(供給網)安全保障、クリーンエネルギーなどの分野で協力を強化することで合意した。