[東京 23日 ロイター] - 日米両政府は23日、既存原子炉の十分な活用に向けて協力すると発表した。岸田文雄首相とバイデン米大統領の会談に合わせて声明を出した。

原子炉の運転期間を長期化することのほか、小型炉や高速炉など革新的な原子力技術でも協力していく。

また、宇宙分野の協力拡大の一環として、日本人宇宙飛行を将来月面に送ることも表明した。

供給網(サプライチェーン)の途絶とインフレへの懸念を最小化するため、重要物質の調達網強化で協力することも打ち出した。