[ブリュッセル 25日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のディディエ・レインデルス委員(司法担当)は25日、加盟国から凍結したと報告があったロシア中央銀行の資産は計約230億ユーロ(約245億ドル)だと発表した。

金額を公表したのは初めて。ただ、予想されていたのはもっと多額だった。

また同委員によると、これら凍結資産のうち、EU域内にあるのは10分の1以下だという。少額にとどまった理由や、全加盟国から報告があったのかは明らかにしなかった。

ロシア側は、世界中で凍結された中銀資産は約3000億ドルに上ると公表している。