[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツ政府関係者は25日、ロシアへのガス代金支払いを最近、ユーロやドルで実行できていると明らかにした。支払いは欧州連合(EU)の規則に準じて行われたとしている。

ここ数日、ロシア産ガスの購入代金支払期限が到来した。ほとんどの契約はユーロかドル建てだが、ロシアはルーブルでの支払いを求めている。

企業は引き続きユーロやドルで支払い、指定銀行に開設した企業の口座でロシア側がルーブルに交換しているとされる。

欧州委員会は先週、ロシア産ガスの支払いに関する指針で、域内企業にロシアの銀行にルーブル建ての口座を開設しないよう求めるものの、制裁違反とは明言していない。

ドイツ経済省の報道官はロイターに「契約を順守しなければならない。契約がユーロ建てやドル建てなのだからユーロかドルで支払わなければならない」と述べた。