[26日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の疫学者マリア・バン・ケルコフ氏は26日、サル痘がエンデミック(一定期間で繰り返される流行)ではない世界の20カ国超で、感染例約200症例と感染疑い例100症例超がこれまでに確認されたと明らかにした。

さらに、感染者が今後増加することが予想されるとし、監視を強化するよう各国に呼びかけた。