[ソウル 25日 ロイター] - 北朝鮮は朝鮮戦争(1950─53年)勃発から72年を迎えた25日、米韓による「侵略の動き」を非難した。

北朝鮮が5年ぶりの核実験を準備している可能性があると懸念される中、韓国の尹錫悦大統領とバイデン米大統領は5月、北朝鮮の抑止に必要であれば米国の兵器配備を強化することで合意した。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が25日伝えたところによると、複数の労働者組織が集会を開き、朝鮮戦争を勃発させたとして米国を非難。「米帝国主義者に復讐を誓った」という。

また北朝鮮は、米国が韓国と日本と共に「侵略の動き」を取ったと非難。韓国に米国の「戦略的資産」を配備しようとする米国の動きは再び戦争を挑発することが狙いだとし、「米国のこのような横柄な振る舞いは朝鮮人民の怒りと復讐心をあおる」と主張した。

一方、韓国の尹大統領はソウルで、自由と平和を守るため最大限の努力をすると表明。「韓米同盟と科学技術に裏打ちされた強力な軍事力に基づき、強力な安全保障体制を維持する」とフェイスブックに書き込んだ。