[北京 5日 ロイター] - 中国の劉鶴副首相は5日、イエレン米財務長官とビデオ会談し、マクロ経済やグローバルサプライチェーン(供給網)を巡り「建設的な」意見交換を行った。中国商務省が発表した。

「実質的で率直な」やりとりとなったほか、中国側は米国による中国製品への追加関税や中国企業への制裁に懸念を表明。双方ともに対話の継続で合意したという。

中国商務省は「世界経済が厳しい困難に直面する中、中米間で対話とマクロ政策協調を強化する重要性が高まっている。グローバルな産業チェーンとサプライチェーンの安定を守ることは中米および世界全体の利益になる」とした。

同省によると、ビデオ会談は米財務長官の要請で行われた。