[ニューヨーク 5日 ロイター] - 原油先物は約9%下落し、3月以降で最大の下げとなった。世界的なリセッション(景気後退)と中国のロックダウン(都市封鎖)が需要減退につながるとの懸念が高まった。

清算値は、北海ブレント先物が10.73ドル(9.5%)安の1バレル=102.77ドル。米WTI先物は8.93ドル(8.2%)安の99.50ドル。

両先物とも3月9日以降で最大の下落率となった。

みずほのエネルギー先物担当ディレクター、ロバート・ヨーガー氏は、リセッション懸念が唯一の急落要因との見方を示した。