[東京 16日 ロイター] - 浜田靖一防衛相とオースティン米国防長官が16日(米国時間15日)、電話会談した。

防衛省によると、両閣僚は今月上旬の中国による弾道ミサイルの発射を強く非難し、いかなる事態にも対応できるよう緊密な連携を図ることを確認した。また、浜田防衛相が防衛力の抜本的強化に取り組む決意を述べ、オースティン長官が歓迎したという。

米国防総省によると、オースティン長官は浜田氏の防衛相就任に祝意を示し、日米同盟強化に向けた双方のコミットメントを再確認した。