[ワシントン 16日 ロイター] - 米国と欧州連合(EU)は16日、2015年イラン核合意再建に向けてEUが提案した「最終文書」に対するイランの回答を精査していると明らかにした。

イランは15日、EUが示した「最終文書」に回答。詳細は明らかになっていないものの、イランのアブドラヒアン外相は先に「3つの課題が解決すれば数日内に合意が可能」という見解を示している。

米国務省の報道官は、イランの回答に関する米国の見解をEUと共有していると明らかにした。

EUの報道官も「今後の方針を巡り、米国に加え、15年に合意した包括的共同行動計画(JCPOA)の参加国と協議している」と述べた。ただ、EUがどの程度の時間をかけてイランの回答を精査するかは明確にしなかった。