[17日 ロイター] - ウクライナ東部ハリコフ市で17日、ロシア軍が住居地区を砲撃し、少なくとも6人が死亡、16人が負傷したと、ハリコフ州当局者が明らかにした。

ウクライナのゼレンスキー大統領は対話アプリ「テレグラム」で、「民間人に対する不当な攻撃で、正当化されず、侵略者の無力さを示している。許すことはできず、報復する」と言明した。