[ザポロジエ(ウクライナ) 17日 ロイター] - ウクライナ当局は17日、南東部でロシアが占拠する欧州最大級のザポロジエ原子力発電所周辺での度重なる砲撃を受け、災害対応訓練を実施した。

このところの原発付近での攻撃を巡っては双方が「核テロ」だとして非難の応酬を繰り広げている。

ウクライナの救急当局は防護服を着用し、負傷者役の男性を救助するなどの訓練を行った。訓練は今後数日続けるという。

ハルシチェンコ・エネルギー相は記者団に対し、原発の安全性について政府は非常に懸念していると述べ、訓練はそのためのものだと説明した。

ウクライナとロシアはともに国際原子力機関(IAEA)査察団の原発訪問を望む意向を表明しており、IAEAのグロッシ事務局長は代表団を指揮する用意があるとこれまでに述べている。

ハルシチェンコ氏は「内部で何が起きているのか、具体的な情報がないので技術的な評価を受ける必要がある」と述べた。

同原発はロシアの占拠後もウクライナの技術者が運営している。