[18日 ロイター] - ロシア外務省は18日、モスクワは「緊急事態」においてのみ核兵器を使用し、北大西洋条約機構(NATO)や米国との直接対決には関心がないという認識を示した。

外務省の報道官は「ロシアの軍事ドクトリンは大量破壊の脅威、あるいは国家の存立が脅かされている場合のみ、核兵器による対応を認めている」と強調。「核兵器の使用は自衛の一環、もしくは緊急事態にのみ可能」とした。

ロシアのショイグ国防相は16日、ウクライナで核兵器を使用する必要はないと表明。ロシアが核兵器や化学兵器を配備する可能性があるというメディアの憶測は「完全な嘘だ」と述べていた。