[アンカラ 18日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は18日、ウクライナのゼレンスキー大統領、および国連のグテレス事務総長との3者会談で、ウクライナとロシアとの戦争を終わらせる可能性について協議したと明らかにした。

3者はウクライナ西部のリビウで会談。会談後エルドアン大統領は、国連が仲介した穀物輸出再開で作り出された前向きな雰囲気を利用し、恒久的な平和を確立することについて協議したと明らかにした。

このほか、ウクライナとロシアとの間の捕虜交換についても話し合ったとし、今後ロシアのプーチン大統領とこの問題について協議すると述べた。