[イスタンブール 29日 ロイター] - トルコの国営ジラート銀行は、ロシア独自の決済システム「MIR(ミール)」の利用を停止した。Alpaslan Cakar最高経営責任者(CEO)が29日、ロイターに明らかにした。

米国はロシアの制裁逃れへの加担が疑われる個人や団体に対する取り締まりを進めている。西側諸国の間では、トルコとロシアの経済関係拡大に対する懸念が強まっている。

報道によると、トルコのエルドアン大統領は先週、制裁により「好むと好まざるとにかかわらず」ミールに代わる選択肢を模索する必要があると述べていた。

トルコの民間銀行であるイシュバンクとデニズバンクも先週、ミールの利用を停止した。米国がミールの運営機関を制裁対象に指定するなど、対ロシア制裁を拡大したことが背景。