[イスタンブール 1日 ロイター] - トルコ外務省は1日、ロシアによるウクライナ4州併合を認めないと表明し、併合は国際法の「重大な違反」だと指摘した。

北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるトルコは、ロシアのウクライナ侵攻以来、外交的なバランスに配慮。ロシアとウクライナ両国と密接な関係を持ち、西側の対ロ制裁に反対する一方、ロシアの侵攻を批判し、ウクライナに武装ドローン(無人機)を提供している。

同省は「われわれは交渉によって達成される公正な和平に基づいた解決策への支持を改めて表明する」とした。