[ロンドン/北京 28日 ロイター] - 英BBCは27日、中国・上海で抗議活動を取材していた同社ジャーナリストの1人が中国警察から暴行を受けて数時間拘束された後釈放されたと明らかにした。中国側は、当該人物は報道関係者と名乗らなかったと説明。英政府は、報道の自由、抗議の自由は尊重されなければならないと指摘した。

中国では厳しい新型コロナウイルス規制に対する抗議活動が各地で行われ、上海ではデモ隊と警察が衝突し、一部デモ参加者が連行された。

中国では、外国人記者は取材の際、政府発行の記者証を携行することが義務付けられている。

BBCは27日、一時拘束されたジャーナリストのエド・ローレンス氏が記者証を得て取材していたにもかかわらず、拘束された際に警察から殴る蹴るの暴行を受けたと説明。同氏の「扱いについて非常に懸念している」と表明した。中国側からはローレンス氏に対し、デモ隊からコロナが感染しないよう拘束したとの説明があったが、公式な説明や謝罪を受けていないという。

これに対し、中国外務省の趙立堅報道官は28日の会見で「われわれの理解ではBBCの発表は真実ではない。上海当局によると、問題のジャーナリストは自らを報道関係者と名乗ったり記者証を提示することはなかった」と述べた。「事態が起こった時、法執行要員は人々に立ち去るよう要請した。協力しなかった一部の人は連れていかれた」とした。

27日夜には、ロイターのジャーナリストも約1時間半にわたり拘束された後、釈放された。

中国外国特派員協会(FCCC)は、声明で「中国で活動する外国人ジャーナリストに対する障壁がますます大きくなり、警察が彼らに攻撃性を示していることに非常に失望しいら立ちを感じる」と表明。

シャップス英ビジネス相は「容認できないのは、自由に取材する権利があるはずのジャーナリストが実際に逮捕されることだ。外国拠点に懸念をもたらすと理解している」とLBCラジオに語った。

クレバリー英外相は、報道の自由、抗議の自由は尊重されなければならないとし、BBCのジャーナリストが中国で拘束されたことは「非常に憂慮すべきこと」だと述べた。

スナク英首相は「中国政府は国民の抗議の声に耳を傾ける代わりに、BBCのジャーナリストに暴行するなど取り締まり強化を選択した」と批判。メディアやわれわれの議会は、新疆ウイグル自治区での人権侵害や香港での自由制限といった問題を処罰なしに取り上げることが可能でなければならない、と語った。

*情報を更新して再送します。