[キーウ(キエフ) 29日 ロイター] - ウクライナのゼレンスキー大統領は29日夜のビデオ演説で、同国東部のドンバス地域とハリコフ州でロシア軍が前進を試みており「前線は困難な状況」との認識を示した。

ロシア軍は「極めて大きな損失を被っているにもかかわらず、ドネツク地域で前進してルガンスク州で拠点を築き、ハリコフ州でも進軍しようと試みている。南部でも何かを計画している」と指摘した。

ルガンスク、ドネツク両州から成るドンバス地域では、ロシア軍とウクライナ軍の激しい戦闘が何カ月も続いている。