[北京 1日 ロイター] - 中国の孫春蘭副首相は、新型コロナウイルス感染の予防・制御措置の改善に意欲を示し、ウイルスの病原性が弱まっていることから、検査・治療・隔離政策の「最適化」が必要だと訴えた。国営メディアが伝えた。

新華社通信によると、孫氏は30日、「オミクロン株の病原性が弱まり、より多くの人々がワクチン接種を受け、ウイルス抑制の経験が蓄積されるにつれ、国は感染予防・制御の新しい状況と新しいタスクに直面している」と語った。

その上で「(政府は)常に人民の健康と安全を第一に考え、一貫した戦略と柔軟な対策で状況の不確実性に効果的に対処してきた」と述べた。

政府や地元メディアによると、最近暴動が起きた広東省の省都・広州市は規制を緩和し、感染者の濃厚接触者が自宅で隔離できるようにするなど、変化を先導している。

また、内モンゴル自治区オルドス市のある地区は、寒波のため1日に全てのコロナ検査を一時停止。国営メディアはこの措置についてコロナ対策の「人道的」側面を示していると伝えている。