[ブリュッセル 2日 ロイター] - 中国の習近平国家主席が1日に北京で行った欧州連合(EU)のミシェル大統領との会談で、中国全土に広がった新型コロナウイルス規制に対する抗議活動について、「3年に及ぶコロナ流行に人々が不満を募らせていたため」で「主に学生や10代の若者によるもの」と説明していたことが分かった。EU高官が明らかにした。

さらに同高官によると、習氏は「中国国内では現在オミクロン変異株が主流となっており、デルタ株よりも致死率が低い。それがコロナ規制を緩和する道を開き、一部地域ではすでに緩和されている」と語った。

ミシェル氏は習氏に対し、欧州では新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の初期には、隔離や検査などに重点が置いたが、その後はワクチン接種にシフトしたと説明したという。