[ブリュッセル 9日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会は、トルコのボスポラス海峡を通過して地中海に向かう石油タンカーが黒海で滞留している問題について、主要7カ国(G7)によるロシア産原油への価格上限導入の影響ではないと表明した。

海運会社のトライベッカによると、黒海で待機しているタンカーの数は9日に20隻に達した。

トルコは今月初めから船舶に対し保険証書の提示を義務付けており、タンカーが滞留する原因となっている。

G7とEUは今週、保険会社に対し、上限価格を上回って取引されたロシア産原油を輸送する船舶に保険を提供しないよう義務付けた。

欧州委の報道官はロイターに「(タンカーの滞留は)G7による価格上限導入が原因ではない」とし、5日より前に購入された海上輸送されるロシア産原油については、上限価格を上回っていても、1月19日までは保険などのサービスを提供できる移行期間が設けられていると指摘した。

報道官は、移行期間終了後も、トルコ当局は引き続きタンカーの保険証書をこれまで通り検証できると主張。「トルコ当局に説明を求めるため、連絡を取っており、(滞留の)解消に向けた作業を進めている」と述べた。

トルコの海上保安当局は8日、適切な保険証書を持たない石油タンカーの領海通過を引き続き認めず、検査には時間を要すると主張した。