[アンカラ 29日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は29日、北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請中のフィンランドとスウェーデンのうち、フィンランドの加盟だけを先に批准する考えを示唆した。

エルドアン氏はこの日のテレビ演説で「われわれはフィンランドには(NATO加盟申請について)異なったメッセージを届けるかもしれない。スウェーデンはわれわれのメッセージを目にすればショックを受けるだろう。しかしフィンランドはスウェーデンが犯したのと同じ過ちをするべきではない」と語った。

フィンランドとスウェーデンは昨年、ロシアのウクライナ侵攻後にNATO加盟を申請。両国の加盟には全加盟国の批准が必要だが、トルコとハンガリーはまだ批准していない。

トルコは非合法としている反政府武装組織クルド労働者党(PKK)を巡り、特にスウェーデンに対して、PKKのメンバーをかくまっていると非難している。

エルドアン氏は、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟を受け入れる条件としてトルコが両国と結んだ協定に言及し、「われわれはスウェーデンに120人の名前を記したリストを渡し、これらテロリストの国外退去を求めた。それがなされないなら、(加盟できずに)お気の毒ということになる」と語った。

トルコは先週、フィンランドおよびスウェーデンと予定していたNATO加盟問題に関する協議を延期した。スウェーデンの首都ストックホルムでトルコに対する抗議デモが行われたことが原因。