[モスクワ 23日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は23日、ロシアの戦略核戦力の95%が近代化されたと明らかにした。軍人をたたえる祖国防衛の日に合わせて声明を発表した。

新たな超音速核搭載爆撃機が4機空軍に納入されたという。

ウクライナでの「特別軍事作戦」に参加している兵士たちは「真実と正義」のために戦っている英雄だと称賛した。

「実際の戦闘経験を取り入れ、再装備と近代化を含むあらゆる可能な方法で軍を強化し続ける」と表明した。

「戦略核戦力における近代的な兵器・装備の割合はすでに95%に達した」とし、海軍は100%に近いと指摘した。