[アブダビ 1日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで開かれている世界貿易機関(WTO)の閣僚会議は1日、徹夜の交渉を経て新たな合意案を発表した。

農業案ではインドが求めていた農家への政府支援の許容水準に関する主要な改革がなお合意に至らず、2案が並存している。

漁業案では米国が重視する強制労働問題などが解決していないことが示された。太平洋諸島の懸念を巡り折り合いがついたかどうかも不明なままだ。

交渉は現地時間午後2時(日本時間午後7時)に予定される閉幕式まで続くが、担当者の間では見通しについて悲観と楽観が入り混じっている。