[ソウル 20日 ロイター] - 北朝鮮は19日に黄海で巡航ミサイルの弾頭試験と新型対空ミサイルの発射実験を実施した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が20日、報じた。

KCNAによると、北朝鮮のミサイル総局は戦略巡航ミサイル「ファサル1 Raー3」用に設計した超大型弾頭の実験と新型対空ミサイル「ピョルジ1ー2」の試験発射を行なった。

北朝鮮の戦略巡航ミサイルは、核弾頭を搭載するように設計されていると考えられている。

KCNAは「これらの実験は、新型兵器システムの戦術・技術的性能と運用など、さまざまな側面における技術開発に向けた管理当局とその関連防衛科学研究所の定期的な活動の一環だ」と説明し、地域の情勢とは無関係だとした。