[東京 13日 ロイター] - 林芳正官房長官は13日午前の記者会見で、日本と北朝鮮の関係者が5月中旬にモンゴルで接触したとの報道があることは承知しているが、事案の性質を踏まえてコメントは差し控えると述べた。

その上で、日朝間の懸案解決に向け首脳会談の実現を目指してハイレベルの協議を進める考えに変わりはないと説明。「北朝鮮に対してはこれまでもさまざまなルートを通じてさまざまな働きかけ」を行っているとした。

韓国の中央日報は13日、複数の情報筋の話として、北朝鮮と日本の関係者らが5月にモンゴルのウランバートル近くで会ったと伝えた。