(見出しの余分な字を削除します)

[ボルゴ・エニャツィア(イタリア) 14日 ロイター] - ローマ教皇フランシスコ(87)は14日、イタリアで開かれている主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)で演説し、人工知能(AI)が人類より優位となることは決して許されないと警告した。教皇がG7で演説するのは初めて。

教皇はAIが人類にとって「画期的な変革」をもたらしているとした上で、人間の生命と尊厳を守るために、発展を続けるAI技術を注意深く監視する必要性を強調した。

教皇は「機械が選択することに依存せざるを得なくなり、自分自身や人生について決定する能力が奪われれば、私たち人類は希望のない未来に追いやられることになるだろう」と警告した。

教皇はAIに関し、世界中の人々に刺激を与え知識へのアクセスを広げる可能性があるとした上で「同時に、先進国と途上国、支配層と抑圧を受ける層との間により大きな不公平をもたらす可能性もある」と言及した。

AIを有効に活用できるようにするための「条件を整えるのは政治の責任だ」とも指摘した。