Nathan Layne

[ウェストパームビーチ(米フロリダ州) 14日 ロイター] - 米大統領選で返り咲きを目指す共和党のトランプ前大統領は自身の78歳の誕生日となる14日、選挙で勝利すれば減税を拡大すると表明したほか、流入する移民の危険性に言及した。

コンベンションセンターで支持者を前に演説し、大統領在任時に引き下げた法人税率を一層引き下げると約束。「特に中間所得層を対象にさらに引き下げたい」とも述べた。

また、ニューヨーク、ロサンゼルス、フィラデルフィアで最近拘束された、過激派組織「イスラム国」(IS)との関係が疑われるタジキスタン出身の8人に触れ、「わが国が今ほど危険にさらされたことはない」と語った。

何千人ものテロリストが米国に流入していると根拠もなく主張。「わが国は何年も何年も大きな代償を払うことになる」と訴えた。