[東京 18日 ロイター] - 林芳正官房長官は18日の閣議後会見で、ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記による首脳会談開催の見通しについて、「予断を持って答えることは差し控える」とした上で、国連安全保障理事会の決議に違反するロ朝間の武器や関連物資の移転を「懸念を持って注視している」とコメントした。

ロ朝の軍事的な連携強化を含め日本を取り巻く地域の安全保障環境は「一層厳しさを増している」と改めて指摘した。

その上で、安保理決議の完全な履行を確保するため、「米韓をはじめとする同志国とこれまで以上に緊密に連携しながら、さらなる対応を検討していく」考えを示した。