[ソウル 18日 ロイター] - 韓国軍合同参謀本部は18日、複数の北朝鮮兵が軍事境界線を越えたため警告射撃をしたと明らかにした。

合同参謀本部の当局者によると、北朝鮮兵士20─30人が18日午前に非武装地帯内で軍事境界線を20メートル超えたが、韓国軍の警告射撃を受けて北側に引き返したという。

聯合ニュースによると、合同参謀本部は北朝鮮兵が意図的に軍事境界線を越えたとは認識していない。

また、合同参謀本部の当局者は聯合ニュースに対し、非武装地帯内で地雷が爆発し、作業中だった北朝鮮兵士に複数の死傷者が出たと述べた。

同当局者によると、北朝鮮軍は前線沿いで兵士の配備や地雷の埋設などさまざまな活動を行っている。境界線の管理を強化して韓国への脱北を防ぐ取り組みの一環とみられるという。

同当局者は「韓国軍は前線地帯の北朝鮮軍の活動を詳しく追跡しており、国連軍司令部とも緊密に連携している」と述べた。

合同参謀本部は、北朝鮮兵が南北を結ぶ鉄道の線路を撤去したり、道路の補強、地雷を埋設している写真を公開した。