[バンコク 18日 ロイター] - タイの上院は18日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。今後、国王の承認を得る必要があるが、実現すれば東南アジアで初の事例となる。

活動家や政治家は20年以上前から法案の可決を目指していた。

上院ではほぼ全ての議員が賛成票を投じた。王室官報に掲載された後、120日後に発効する。

アジアではネパールと台湾で同性婚が合法化されている。

タイは伝統的な仏教国でありながら、LGBT(性的少数者)に寛容で、以前から同性カップルの間で人気だった。LGBT観光客を誘致するキャンペーンも行われている。