[ローマ 21日 ロイター] - イタリアのジョルジェッティ経済財務相は21日、主要7カ国(G7)が制裁で凍結されたロシア資産から生じる利子を活用してウクライナに提供する500億ドルの融資について、欧州連合(EU)諸国が最大60%を負担すると述べた。

ジョルジェッティ経済財務相は、EU諸国が融資額の「50─60%」を負担すると指摘。「米国、カナダ、日本、英国の割合について協議を開始する」とした。

この日、EU財務相理事会がルクセンブルクで開催される。

G7はイタリア南部で開いた首脳会議(サミット)で、凍結されたロシア資産が生む利子を担保にウクライナに融資を行うことで合意。その後、イタリアのメローニ首相は500億ドルの融資について現時点でEU諸国は直接関与しないと述べていた。