Uditha Jayasinghe

[コロンボ 25日 ロイター] - スリランカでサブリ外相は25日、主要債権者である日本とインドとの2国間債務再編協定に26日に署名する見通しだと述べた。

サブリ外相はロイターに対して、ウィクラマシンハ大統領が24日遅くに開かれた閣僚会議で、債務再編の進捗状況について閣僚らに説明したと明らかにした。

「大統領は、2国間協定は恐らく明日(25日)署名されるだろうと語った」とし、「債務再編の条件は先に閣議に提出されている」と説明した。

内閣報道官のバンデューラ・グナワルダナ氏は定例会見で、内閣は債務再編の枠組みも承認したと述べたが、詳細については明らかにしなかった。「透明性を確保するために協定の詳細は後日、議会に提出される」と語った。

今回の合意により債権国はスリランカへの融資を再開できるようになる。スリランカは2022年5月にデフォルト(債務不履行)状態に陥った。政府は昨年11月、日本、フランス、インドが共同議長を務める債権者委員会(OCC)と債務再編の方針を巡り基本合意に達した。

国際通貨基金(IMF)は今月、スリランカに対する29億ドルの金融支援について、2回目の審査を承認したと発表した。また、OCCとの覚書(MoU)を速やかに締結し、中国輸出入銀行とも最終合意をまとめるよう促した。

約370億ドルの対外債務を抱えるスリランカは、民間債券保有者に対する125億ドルの債務について合意に達する必要があるほか、中国輸出入銀行との42億ドルの融資に関する最終合意も残されている。