佐賀県は、中小製造企業でのDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するため、「DXフラッグシップモデル創出事業費補助金」を創設した。事業計画書などの応募書類を受付け、プレゼンテーションを経て事業者を採択する。予算は最大4000万円を用意している。

 対象となるのは同県内の中小製造業者で、専門家によるコンサルティング費、外部の専門人材登用費などとしている。