厚生労働省は、新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況について取りまとめた。

 令和2年度における新規学卒就職者の離職率は、学歴別、卒業年別とも、例年に比べ低下した。その結果、新規学卒就職者(平成30年3月卒業者)の就職後3年以内の離職率は新規高卒就職者で約4割(36.9%)、新規大卒就職者で約3割(31.2%)となった。

▼詳しくはこちらをご覧ください。

新規学卒就職者の離職状況を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00004.html