【今週の労務書】『Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント できる職場のつくりかた』

【今週の労務書】『Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント できる職場のつくりかた』

生産性向上のヒントに

 ワーク・エンゲイジメントとは、「仕事に誇りややりがいを感じている(熱意)」、「仕事に熱心に取り組んでいる(没頭)」、「仕事から活力を得ていきいきとしている(活力)」の3要素がそろった状態を指す概念。本書では、「ワーク・エンゲイジメントの高い従業員は、心身の健康が良好で、生産性も高い」と指摘している。

 書名のとおり、Q&A方式で従業員のワーク・エンゲイジメントを測定する方法や高める方法などを解説。ワーク・エンゲイジメント向上に取り組むに当たって、多くの従業員の協力を得るコツなどを尋ねる「Q」に対しては、経営者や管理監督者、労働者とその支援を行う関係機関の役割の明確化が重要とした。取組みの理念と目標の設定も欠かせないとみている。

 (島津明人編集代表、金剛出版刊、TEL:03-3815-6661、2200円+税)


関連記事

労働新聞社の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索