錆止め剤に引火 死亡災害で送検 静岡労基署

錆止め剤に引火 死亡災害で送検 静岡労基署

 静岡労働基準監督署(土屋洋署長)は溶接作業をしていた労働者が火傷により死亡した労働災害で、㈱ケイズコーポレーション(静岡県静岡市)と同社の職長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで静岡地検に書類送検した。

 同社は船舶の製造・修理などを営んでいる。労災は平成30年10月11日に静岡市内の工場で起きた。工場内では輸送用のタンカーを新造していた。71歳の労働者が溶接作業に従事していたところ、近くにあった錆止め剤の缶が倒れ、アークが引火し、作業着に燃え移った。労働者は救急搬送されたが同年11月30日に火傷により死亡した。

 同労基署は「錆止め剤を近くに置いていたことが原因。溶接後にすぐ塗れるよう、近くに置いていたのだろう」と話している。


関連記事

労働新聞社の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索