プロボクシングの元日本バンタム級王者で現在WBA世界バンタム級2位の堤聖也(28、角海老宝石)が7月7日に両国国技館でウィーラワット・ヌーレ(22、タイ)と56キロ契約のノンタイトル10回戦を行うことが13日、主催の志成ジムから発表された。堤は同日に練馬区のダンガンジムで会見を行い意気込みを語った。WBA世界バンタム級王者の井上拓真(28、大橋)の陣営は、この試合の結果次第で、12月に予定しているV3戦の相手に堤を指名する考え。堤にとって世界挑戦の切符を手にするためにも絶対に負けられない戦いとなる。

 オファーがあったのが約1週間前。当初、WBA世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(志成)とIBF世界同級王者フェルナンド・マルティネス(アルゼンチン)の統一戦のセミファイナルは、元WBC世界フライ級王者でWBO世界バンタム級1位の比嘉大吾(志成)のWBC挑戦者決定戦の予定だった。だが、急きょ比嘉は9月に元K−1王者でWBO世界同級王者の武居由樹(大橋)へ挑戦することになったために試合がキャンセルとなり、米国合宿中だった堤に参戦が打診された。
「次は世界戦だと思って練習していた。メインが統一戦で、井岡選手は、僕が高校生のときテレビで世界戦をやっていた人。そういう人と同じリングでできるのは光栄なこと。僕のヒーローと共演できる。純粋にそれがうれしい」
それが試合を引き受けた決め手だった。
相手のタイ人は、4月1日にノンタイトルのバンタム級8回戦で西岡伶英(川崎新田)に0−3判定で敗れている5戦4勝(2KO)1敗とキャリアの浅いボクサー。コンディション作りに失敗さえしなければ、世界上位ランカーの堤が負ける相手ではない。
だから堤も「世界前哨戦」という言葉を使わなかった。
「世界前哨戦と言っていいほどの相手ではない。半年以上試合が空いてしっかりとボクシングに向きあった。世界戦が次なら、その途中に挟むくらいの感じ。この試合が終わっても休むことは考えていない」
試合のテーマを「自分で納得できる試合」とした。
昨年12月26日に有明アリーナで行われた日本バンタム級タイトルマッチで堤は王者として故・穴口一輝氏(真正)と対戦した。その試合は、年間最高試合(世界戦以外)に選ばれる打撃戦となったが、4度ダウンした穴口氏が、リングを降りると意識を失い、救急車で運ばれて緊急手術を受けたが、2月2日に帰らぬ人となった。堤にとって、その試合以来のリングとなる。

 「僕はいつも覚悟を持ってリングに上がっている」
堤は、そう自らのボクシング信条を繰り返した。
今年2月の表彰式に出席した際には、「覚悟してボクシングをしている。試合前には、僕がこれで終わるかもしれない、それを考えている。試合後の(穴口氏の)意識がない話を聞いたときから回復を願っていたが(そういう)覚悟もあった」という話をしていた。
そして「あの試合は誇りに思っている。彼に限らずこれまで戦ってきた人…人生の潰し合いと思ってボクシングをやっているから。戦ってきた人たちへの思いはある。(穴口氏には)よりその思いは強い。拳に彼らの思いが乗っている。すべてを覚悟した上で、今後とも自分のスタイルのボクシングを皆さんに見せていきたい」とも話した。
この日「背負うものがあるのでは?」と聞くと「僕のボクシングをやるだけ、別に今それをここで言うことじゃないと思う」と多くを語らなかった。
しかし「今でも思い出している。考えている…」と、真剣な表情で思いを伝え、「それがボクシングに影響することはない」と続けた。
「あの試合はボクシングでは負けていた。だから練習するしかない。試合が終わって最初の感情は悔しいだった。ボクシング勝負ではフルに負けていた。勝負強さとパンチで倒して勝ちを取ったが、それに頼るのは最終手段。ボクシングレベルの底上げは必要」
それが命をかけて戦った穴口氏から教えられたことだった。
3月からはボクシング漬けの生活を送った。
武居の挑戦を受けるWBO世界バンタム級王者のジェイソン・モロニー(豪州)にスパーリングパートナーとして呼ばれ、豪州で約1か月半、池側純、中川抹茶らと共に合宿生活を送った。そのモロニーは5月6日の東京ドーム決戦で武居に判定負けした。
「ショックでした。2か月。ジェイソンに勝ってもらうために(パートナーを)やった。でもあれは武居選手が上手だった。結果や内容に思うことはない」
5月24日から6月10日までは、米国ロスで合宿を行い、7月20日に防衛戦を控えるWBC世界バンタム級王者の中谷潤人(M.T)、同じく、その日に、加納陸(大成)とのWBO世界フライ級王座決定戦に出場する“トニー”ことアンソニー・オラスクアガ(米国)、WBO世界バンタム級8位のサウル・サンチェス(米国)らとスパーリングを重ねた。
「中谷君は強かったですね、全然やられたんで。総合的な部分ではみんなレベルが高かった」と認めたが「でもスパーと試合は違う。そう思わないとやってられない」とプライドをのぞかせた。
世界王者、世界トップクラスと拳を交えた豪州、米国合宿の日々は、堤に世界への課題と自信をリアルに感じさせることになった。

 「まだ自分は弱いなあという気持ちにはなった。通用する部分はあるが弱さの再確認もできた。技術的な部分、総合的にね。ただ刺激はもらった。世界を遠くには感じていない。試合すれば(世界は)取れるかなと思う」
この試合の次に見据えるのは世界戦だ。
実は、WBA世界同級王者の井上拓真陣営は、12月に予定しているV3戦の相手としてWBA2位にランクされている堤を指名する方針をほぼ固めている。この試合がその最終査定試合となるだろう。堤が穴口氏と戦ったのは優勝賞金1000万円がかかった「井上尚弥4団体統一記念杯・バンタム級モンスタートーナメント」の決勝だった。主催者は大橋ジムで勝者に世界挑戦権を与えたいとのプランがあった。
現在、バンタム級は4人の日本人王者が独占しているが、堤は戦いたい相手は誰か?と聞かれ「井上拓真です」とハッキリと明言した。
高校時代にインターハイの準決勝で敗れた相手。
「噛み合いは悪い。アマチュア時代に負けて、やり返したい欲が一番強いのが拓真。プロ入りした時から拓真にリベンジしたいと思っていたが、僕がプロデビューした時に(拓真は)すでに東洋チャンプになっていて、色々(タイミングは)合わないと思っていたが、こうなってきたら意識はします」
10年越しのリベンジなのだ。
ただ5月6日に東京ドームで行われた井上拓真と石田匠(井岡)との指名試合は、モロニーのアップの相手を務めていた関係もあり「モニターで見たくらいだった」という。
時間が経過しているがまだ映像を見返していない。意識しているわけではないが、元々ライブ以外でボクシングを見るのが好きではないという。ただ2月のジェルウィン・アンカハス(フィリピン)とのV1戦はリングサイドで見ていて「すでにイメージはある」。世界戦が決まれば「教材として石田戦は見ますよ」と続けた。4人の日本人が持つバンタム級のベルトを巡る戦いが面白くなってきた。
(文責・本郷陽一/RONSPO、スポーツタイムズ通信社)