プロボクシングのスーパーバンタム級の4団体統一王者、井上尚弥(31、大橋)の次戦は、9月に元IBF世界同級王者のテレンス・ジョン・ドヘニー(37、アイルランド)と防衛戦を行う方向で固まっているが、WBAが井上陣営に対戦を指令した同級1位のムロジョン・アフマダリエフ(29、ウズベキスタン)のプロモーターであるマッチルーム社のエディ・ハーンCEO(45)が「ひどいミスマッチだ。ファンを欺くな」と猛烈に批判した。ドヘニーの母国アイルランドの専門メディア「アイリッシュ・ボクシング」が伝えたもの。口達者でメディアを使うのが上手いハーン氏が得意とする陽動作戦だが、井上陣営は、WBA指令に応じる考えはなく、ベルトの返上さえ覚悟している。

 

BOXING-井上vsドヘニー戦にケチをつけたマッチルームのハーン氏(写真・AP/アフロ)

 「ボブ・アラムは嘘つきだ」

 世界有数のプロモーターの1人として知られるハーン氏が、井上陣営のマッチメイクに強烈な”物言い”をつけた。
WBAは13日に突然、井上陣営に7月14日までに同級1位で元WBA&IBF世界同級王者のアフマダリエフとの指名試合をまとめ9月の次期防衛戦で戦うことを指示した。困惑した井上陣営は、指令を拒否し、すでに交渉を進めていたドヘニー戦を優先する方針を固めているが、そのアフマダリエフのプロモーターが、ハーン氏。指名試合を実現したいがためにファンに抗議の声をあげるように呼び掛けたのだ。
「アイリッシュ・ボクシング」によると、英国バーミンガムで取材に応じたハーン氏は、「ボブ・アラムの何が気に食わないって、彼は嘘つきなんだ。アフマダリエフなんて聞いたことがないだって?いい加減にしろ。井上にとってこの階級で戦えるのはアフマダリエフだけだ」と、井上陣営の共同プロモーターであるトップランク社のボブ・アラムCEOを名指しで、怒りのコメントを口にした。
アラムCEOは、WBAの指令を受けて、英国の専門メディア「ボクシングニュース」に「それ(井上対アフマダリエフ)が行われる可能性はない。この男(アフマダリエフ)は誰だ?誰も聞いたことがない。我々は無名の男と戦うつもりはない。井上は日本にとって非常に大きな存在だ。3つのタイトルを持っていても4つのタイトルを持っていても井上は同じだ」と発言していた。ハーン氏は、その発言を批判したのである。
「ボブ・アラム、本田(明彦)さん(帝拳ジム会長で井上の共同プロモーター)、井上にアピールしたい。ミスマッチは勘弁してくれ。申し訳ないが、井上対ドヘニーは、ひどいミスマッチだ。(ファンを)欺くな。格闘技ファンの皆さんも、“井上は素晴らしいファイターだ”と称賛するよりも、こんなデタラメに乗るな。アフマダリエフには、誰よりもチャンスがある」
ハーン氏はそこまで過激に意見した。
ただドヘニーは2019年に当時WBA世界同級王者だったダニエル・ローマン(米国)と統一戦を行う前にマッチルームとプロモーター契約を結んでいたボクサー。それだけに「僕はTJ・ドヘニーが好きだからこそ、この試合は気分が悪いんだ……この前、ある人が“TJ・ドヘニーは、あなたのところにいたときはいいファイターだった”とツイートしてくれた。だが、それは5年前だしダニエル・ローマンに敗れた。確かにTJ・ドヘニーはいいファイターだし、世界チャンピオンになったこともあるが、格闘技ファンは、こんなでたらめ(な試合)には、耳を貸さないでもらいたい」とも付け加えた。

 これらの発言を伝えた「アイリッシュ・ボクシング」は、「ハーン氏は、このコメントがドヘニーに及ぼす影響を和らげようと、“彼はいいファイターだ”と断言したが、アイルランドのスターは、このプロモーターが彼の人生を変える瞬間を否定し、彼の人生を変える金儲けを阻止しようとしていることに激怒していることだろう」と皮肉を込めて解説。
2019年にWBA&WBO世界ライト級王者だったワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が、アンソニー・クロラ(英国)を一方的な展開で4ラウンドKO勝利した“ミスマッチ”をハーン氏が組み、そのときには、試合を賛美するようなコメントを発信し続けていたことを指摘する声があることを紹介した。
同メディアは、「ファンは元世界王者のドヘニーがこの試合を勝ち取るべきだと主張するだろう。ドヘニーは、9月9日に日本で開催される試合を確保しており、少なくとも3つのベルト(WBA以外)に挑戦する。彼は、オーストラリアを拠点とし、“日本人ボクサーキラー”、“東洋のロックスター”としての評判を築いてきた」と続けた。
リオ五輪銅メダリストでアマ実績を持つアフマダリエフは、回転力や一発にキレがあり、この階級では、確かに最強の挑戦者の1人だが、井上が10ラウンドに倒して4つのベルトをまとめたマーロン・タパレス(フィリピン)に判定で敗れている。
一方で30戦26勝(20KO)4敗の成績のドヘニーは、フィジカルとパワーを武器にKO率が高く、同メディアが指摘するように岩佐亮佑からIBFの世界ベルトを奪い、井上のジムメイトである中嶋一輝からWBOアジア・パシフィック同級王座を奪うなど、“日本人キラー”としても知られ、5月6日の東京ドーム決戦ではルイス・ネリ(メキシコ)が体重超過した際のリザーブ選手として第1試合に登場しブリル・バヨゴス(フィリピン)を4ラウンドでキャンバスに沈めた。大橋秀行会長は「ある意味、ネリ以上にドヘニーは怖かった」と評価している。
ハーン氏は能弁でメディアを利用するのが上手いプロモーター。9月のドヘニー戦の次の12月の防衛戦を狙っての陽動作戦なのだろう。