セレッソ大阪は21日、森保ジャパンで8試合に出場しているDF毎熊晟矢(せいや、26)がオランダ1部リーグのAZへ完全移籍したと発表した。契約期間は2028年6月末までの4年間で、背番号は毎熊が自ら希望した「16」に決定。10月に27歳になるシーズンでのヨーロッパ挑戦に、オランダからオンライン会見に臨んだ毎熊は「自分でも遅すぎると思っている」と本音を明かしながら、2年後の北中米W杯出場を見すえて、新天地でさらに成長すると意気込んだ。

 

 「攻撃のアイデアが豊富で菅原より熟練」

 新天地AZのトレーニングウェア姿でオンライン会見に臨んだ毎熊が、10月に27歳になるシーズンでのヨーロッパ挑戦へ本音と抱負を語った。
「不安はありません。ただ、自分でも遅すぎると思っているし、もう若くはないからこそ1年1年が、1日1日がすごく大切になってくる。この年齢からでもこれだけできるんだと証明できるように、やっていきたいと思っています」
海外クラブへの完全移籍を前提とした準備のため、毎熊がチームを離脱するとセレッソから発表されたのが今月13日。毎熊はその後にオランダ北西部のアルクマールへと向かい、2023-24シーズンの同国1部リーグ、エールディヴィジで4位に入ったAZのメディカルチェックをへて、21日に正式な契約を結んだ。
契約書にサインする毎熊の写真を掲載したAZのクラブ公式HPは、2028年6月末までの4年契約で、背番号が「16」に決まったと伝えた。東福岡高から桃山学院大学、J2のV・ファーレン長崎をへて2022シーズンに加入したセレッソでブレーク。日本代表入りも果たした毎熊の感謝の思いが、自ら選んだ「16」に凝縮されている。
「長崎では『16』でしたし、セレッソでも最初は『16』でした。2つのクラブにはいまも感謝していますし、AZでも同じ心境で戦いたいと思ったので選びました」
原点に返ってAZでも挑戦する、という決意を背番号に込めた。もっとも、昨夏の時点で毎熊の視線はセレッソでのプレーに向けられていた。海外志向が一気に強まったきっかけは、同9月に初めて招集された森保ジャパンだった。
日本がドイツ、スペイン両代表を撃破し、ベスト16へ進んだカタールW杯を通じて、毎熊は「海外組の存在感やタフさが際立っている」と感じていた。さらに自らも日の丸を背負い、MF中村敬斗(23、スタッド・ランス)のゴールをアシストしたトルコ代表とのデビュー戦を境に異なる思いが頭をもたげてきた。
「それまではJリーグでもやれると思っていましたけど、実際に代表に入ると海外組との大きな違いを肌で感じるようになり、自分も意識するようになりました」
以来、チャンスがあれば海外に挑戦したいとセレッソに伝えてきた。小菊昭雄監督(48)にも思いの丈を伝え、背番号を「16」から「2」へ変え、副キャプテンの1人にも就任した今シーズンの開幕を前にして「夏にどうなるのかはわからないけど、それまではリーグ戦の首位でいられるようにしよう」と約束をかわした。
そして、ヨーロッパの夏の移籍期間が幕を開けるとともに、エールディヴィジで7シーズン続けて5位以内に入っているAZからオファーが届いた。最新のJ1リーグ順位表でセレッソは6位。首位を置き土産に旅立つ約束がかなわず、逡巡した時期もあった毎熊は最終的に夢を追いかける決断をくだした。
AZには第2次森保ジャパンの常連で、毎熊と右サイドバックのポジションを争う菅原由勢(ゆきなり、23)が居場所を築きあげている。もっとも、在籍5シーズン目を終えた菅原には、ステップアップ移籍の可能性が取り沙汰されている。
同クラブのフットボール・ディレクター(FD)を務めるマックス・ホイバーツ氏も、毎熊獲得を伝えたクラブ公式HP上で「このオフに菅原が移籍する可能性が高い」と明言。その上で毎熊に白羽の矢を立てた理由を次のように語っている。

 「菅原の移籍を予想して、クラブがスカウティングを行ってきたなかで毎熊の名前が出てきた。彼は攻撃に対するアイデアが豊富で、ピッチ上でボールに快適な対応を見せる。守備の部分でも、菅原よりも少し成熟しているかもしれない」
今冬のアジアカップにも招集された毎熊は、攻守両面で精彩を欠いた菅原に代わり、インドネシア代表とのグループステージ最終戦、バーレーン代表とのラウンド16、そしてイラン代表との準々決勝で先発フル出場。右サイドバックで奮闘した姿に注目したAZがその後も継続的に毎熊の動向をチェックし、オファーへとつながった。
菅原の名前をあげながら、毎熊も攻撃力を自身のストロングポイントにあげる。
「お互い攻撃に特徴があると思いますけど、僕はまた違っていると思います。こちらでは僕みたいなタイプはなかなかいないと個人的には思っているので、僕にしか作り出せない部分というものを出していけたらと思っています」
大学時代まではフォワードを主戦場にしていた毎熊は、長崎で右サイドバックに転向した。青天の霹靂にも感じたコンバートに戸惑った毎熊は、吉田孝行コーチ(47、現ヴィッセル神戸監督)に「もうフォワードには戻れないのでしょうか」と悩みを打ち明けた。帰ってきた言葉が、その後の毎熊を支えてきた。
「お前なら絶対にできる。このポジションなら日本代表までいける」
迷いが吹っ切れた毎熊は、右タッチライン際を上下動する右サイドバック本来の動きに加えて、マイボール時には状況に応じて内側のレーンにも進出。中盤の選手たちとともにビルドアップに加わり、ゴールにもかかわるスタイルを身につけた。
攻撃的なポジションで培った経験を、サイドバックにも反映させていく考え方を、戦いの舞台がオランダに変わっても貫いていく。もちろんポジショニングや対人での強さを含めて、守備をおろそかにするつもりもない。毎熊が決意を新たにする。
「どこまで自由にやっていいかはまだわからないんですけど、中に入っていくとか、外でのプレーを使い分けながら、他とは違ったアクセントをつけたらと思っています」
視線の先には2年後にアメリカ、カナダ、メキシコで共同開催されるW杯がある。両親に連れられ、4歳だった夏に故郷の大分スポーツ公園総合競技場で観戦した2002年の日韓共催大会は、カードも含めてさすがに覚えていない。それでもプロサッカー選手になってからテレビ越しに見た、カタール大会の記憶は鮮明に残っている。
「アジアカップを経験して、もっと規模が大きいワールドカップの相手選手の殺気や会場の熱気はさらにすごいんだろうなと思いましたし、そういったものを感じながらプレーしたい、という思いを抱いていますけど、まずは自分を獲得してくれたこのクラブのために結果を残したい。言葉の部分で英語もできないので、みんなが僕にもわかるような簡単な英語で話しかけて助けてくれている。でも、オランダ語だとちんぷんかんぷんな状況なので、少しずつ覚えていければ、とも思っています」
エールディヴィジだけでなく、AZが出場権を獲得しているUEFAヨーロッパリーグも待つ未知の戦いへ。その過程でアジアカップ以来、遠ざかっている森保ジャパンへの復帰も見すえながら、毎熊が新たな挑戦をスタートさせた。
(文責・藤江直人/スポーツライター)