10市10町の〝仕事〟・大町町

 大町町の一般会計当初予算は37億7800万円。4月に町長選を控えていたため骨格予算となり、前年度の当初予算に比べて3・5%減となった。町長選で無投票再選された水川一哉町長が、6月議会に公約などを盛り込んだ2期目の予算を提案する。

 骨格予算のため、主な事業ではため池の耐震補強や樋門の改修工事などがある程度。移住や定住を促進する事業として、民間の賃貸住宅建設に対する建設費補助費750万円なども前年度に引き続き計上され、今後の補正予算でさらに肉付けされる見通し。

 歳入では、法人町民税の増加見込みなどで、町税が前年度当初比2・1%増となっている。

 水川町長は2期目の公約として、小中学生の給食費無償化、防災行政無線受信機の全戸配布、通院や買い物に便利な巡回バス運行などを掲げており、本年度の事業化が見込まれている。

■主な事業

▼宮の浦ため池耐震工事【700万円】ため池の堤体が地震などで崩壊しなように補強工事などを実施するための実施設計委託費。

▼畑ケ田地区の樋門改修工事【900万円】六角川につながる農業用水路にある老朽化した樋門を改修する。18年度からの3カ年事業。

▼杵東地区衛生処理場組合負担金【812万円】本年度から着手する組合の処理場や事務棟の建て替え費用などが含まれる。

▼移住・定住促進関連事業【1235万円】民間の賃貸住宅建設費補助や家賃、引っ越し費用の補助など。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

佐賀新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

佐賀 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索