カーブミラーを丁寧に磨く参加者=神埼市千代田町

 交差点などでの交通事故を減らそうと、神埼市郡の建設会社でつくる神埼建設業協会は9日、千代田町内の約350カ所のカーブミラーを点検した。

 地域貢献として2010年から春と秋の交通安全運動に合わせて実施し、神埼市と吉野ヶ里町を4区域に分けて順番に活動している。今回は会員企業14社の約35人が参加した。

 点検ではカーブミラーの鏡面の汚れを拭いて傷の有無も確認し、ドライバーに見えやすくした。緩んでいたボルトも締めた。同協会の牟田正明会長(70)は「地域住民の安心安全を守りたい。交通意識の向上にもつながれば」と話した。(森田夏穂)