自動車専用道路で高齢男性を保護し、白石署長から感謝状を受けた久野優佳さん=白石署

 白石署は22日、誤って自転車で自動車専用道路に入っていた80代男性を保護した、白石町牛屋の介護福祉士久野優佳さん(23)に感謝状を贈った。

 久野さんは9月13日、白石町の有明海沿岸道路を車で走行中、対向車線をふらつきながら自転車で走行している男性を見掛けた。最寄りの福富インターで下りて反対車線から戻って追い掛け、男性が倒れたところで車を止め、後から来たトラック運転手と一緒に助けて110番。警察が来るまで保護を続けた。

 「車道の真ん中をよろよろ走っていた。とにかく行かなければとインターを下りて戻った」と久野さん。興奮しないように警察が来るまで世間話を続けていたという。男性は「間違えて入った」と話し、膝や肘に擦り傷を負っていた。

 贈呈式で、脇山賢一署長は「重大事故につながる恐れがあった。助けてもらい感謝します」とたたえた。(小野靖久)