最近、アイシャドウを新しく買ったのはいつですか?マスク生活も長引き、メイク自体が億劫になりマンネリ化していないでしょうか?今回は、手軽に取り入れられるプチプラで「ちょっといつもと違う自分」になれるアイシャドウをご紹介します。

マスク必須になり、リップメインのメイクから、アイメイクがまた主流になりました。キラキラしたアイシャドウ、かわいいですよね。

ところが40代。“まぶたの張りがなくなる”“しわっぽさが目立つ”など目元の悩みが増えてきませんか?ラメの種類によってはゴミがついているように見えることも…。

手間はかけたくないけど、キラリとした若々しい瞳には見せたい!そしてお金をかけずに気軽にプチ変身したい!今回は、そんなわがままな悩みにもこたえる40代が使えるプチプラアイシャドウをご紹介します。

キャンメイク ジューシーピュアアイズタイトル【660円・税込】

元祖プチプラコスメのキャンメイク。

出す新作全て大ヒット!デパコスと引けをとらないクオリティといっても過言ではないメーカーですよね。

アイシャドウもかなりの種類が出ていますが、その中でおすすめしたいのがこちら。ジューシーピュアアイズ12番。

「なんか可愛すぎる感じがする…」「ピンクはちょっと抵抗が…」と思ったあなた!大丈夫です。私もです(笑)

だだ、やはり不安に思うように、40代ともなるとピンクが前面に出ているアイメイクはちょっと避けたいところ。そこで、提案したいのが、左下の中間色(写真:2)と右下シメ色(写真:3)を混ぜて使う方法。

ラメ感が強めの中間色と濃いめのピンクを混ぜることで印象もぼやけないですし、基本的にうす付きなので、好みに合わせて濃さが調整できますよ!

セザンヌ トーンアップアイシャドウ【638円・税込】

前述のキャンメイクと同じく、プチプラコスメの代表格と言えばセザンヌ。

そのセザンヌからおすすめしたいのは「トーンアップアイシャドウ」。8色展開です。

パサつきがなくしっとりした粉ですが、二重幅に溜まったりしません。

なにより、お値段638円(税込)!

明るめのベース、二重幅まで使える中間色、濃いシメ色の3色セットです。

ギラギラしたラメではなく、いずれも肌馴染みがいいパール系の色なので、グラデーションにしてもいい意味でハッキリしすぎず「やりすぎ感」がでません。

こちらのパレットは07番。だれでも抵抗なく使えるモーヴ系なので、「つい無難なブラウンやベージュ系のアイシャドウに頼りがち」という方に使ってみていただきたいです。

KATE ザ アイカラー【715円・税込】

今回ご紹介するアイシャドウで個人的に一番おすすめしたいのがこちら。

KATE ザ アイカラー 004番

シルバー系のアイシャドウです。

もしかすると、普段なかなか手に取らない色かと思います。ただ、そこがポイント!プチ変身するのに丁度いいんです。

ブラウンやベージュ系のアイシャドウにはもちろん、ピンク系のアイシャドウの上からすこしだけのせると、程よくくすんだ感じになり、きらめきが増します。

あとは、下まぶたにほんの少しのせると顔全体がぱっと明るくなります!色ではなくラメ感だけ足すイメージです。

小さめのラメが程よくキラキラするので、ギャルっぽくならず、大人な私たちの目元にフィットします。

リンメル ショコラスウィートアイズ【1760円・税込】

「リンメルの大ヒット商品「ショコラスウィートアイズ」。

商品名の通り、板チョコを並べたようなパッケージがかわいく目を引きますよね。基本は12色展開で時期により限定品が出ます。

ブラウンベージュ系が豊富なので、どれにするか迷ってしまうかもしれませんが、大丈夫!

公式サイトではパーソナルカラー診断ができるマイショコラというコンテンツがあるので、自分に似合うパレットが簡単に選ぶことができます。

どの色も使いやすく、ラメも程よいキラキラなので、多色パレットにありがちな「この色は使いこなせないかも」ということもありません!

あとは、本当にチョコレートのような香りがするので、使う度に癒されますよ。

写真は一番人気の02番。肌に溶け込むカラーながらさりげなくキラッと光るラメがキレイで上品に見えます。

マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ ルミナスティック【550円・税込】

一色550円というプチプラにも関わらず、発色、質感、ラメ感すべて高品質のマジョリカマジョルカ。

おすすめはやはりベージュ系。「BE〇〇」から始まるものです。

特に写真のBE286番は、ギラつきすぎないラメと肌になじむベージュが大人も使いやすいと思います。

公式サイトでは、自分の画像をアップして色を試すことも、モデルさんで色味を確認することもできます。

バーチャルながら色の濃さも調整して見ることができるので「もう少し濃く(薄く)塗ったらどうなるかな?」というちょっとした疑問も解決できますし、日本人のモデルさんなので、よりイメージが沸きやすい作りです。こちらで確認して好みの色を見つけてみるのもいいですよ。

気軽にプチ変身を楽しもう!

毎日流れ作業のようにしているメイク。

年齢的にも気合を入れてメイクする機会が減っている中で、マスク生活になり、ますますメイクのアップデートが億劫になっていませんか?

今回ご紹介したのは、どれも手軽に購入できてプチプラですが、確実に「あれ?変わった!?」と実感できるアイテムばかりです。

少しの変化かもしれませんが、またメイクをする楽しさを再発見するきっかけになれば嬉しいです!

akiko/美容ライター