夕飯の献立は家族の顔が目に浮かぶからこそ、スムーズに決められる主婦は多いと思います。「パパが好きだから今日は〇〇にしよう」「子どもが好きだから〇〇もいいかな」というように、家族の意見があるのでラクに決めることができますよね。 筆者が昔聞いた話によると「自分の料理を食べさせたい人」こそ、本当に愛おしい存在なのだそうです。筆者の場合は、家族や友人の顔がいつも浮かぶので料理をしている最中、いつも思わず笑顔になってしまいます。 さて話は少し脱線してしまいましたが、では「自分だけのランチ」はどうでしょう。やはり多くの家族が集うのは夕食です。そこに注力するとなると、朝食は意外とネックになります。今回はそんな迷いが出たときに、ささっと食べることができる「食パンアレンジ」を紹介しますね。

業務スーパーの食パンは激安!

業務スーパーの人気商品といえば「天然酵母食パン」ですよね。噛むほどミルキーな甘い味わいが筆者も大好きなパンで、バターを塗ってオーソドックスに食べるには絶品です。

しかし、業務スーパーの食パンといえば筆者はこちらの商品がすぐに浮かびます。こちらは普通の食パンの味わいですが、何より安いのが魅力。食べきれない分は、冷凍して食べるときに凍ったままトースターで焼けばOKで日持ちします。そんなわけで、とりあえず業務スーパーで見かけた際はカートイン。普通の食パンだからこそ、これを業務スーパーならではのあの商品とマッチさせて食べると絶品なのです!

めんたいマヨネーズ

こちらの「めんたいマヨネーズ」は家庭に一つあると便利です。ピザに使ったり、磯辺焼きにしたお餅を食べるのにもあると嬉しいアイテムといえるでしょう。明太子を買わなくても、すぐにささっと出せるのでさまざまな料理に使っています。

ポテマヨ明太子パン

【材料】(1人前)
・食パン……1枚
・じゃがいも……1個
・めんたいマヨネーズ……大さじ2
・とろけるチーズ……適量
・塩胡椒……適量

【作り方】
1.食パンは最初にトースターで1分ほど焼いておきましょう。じゃがいもは皮を剥いて、サイコロ状にカットしておきます。耐熱ボウルに水を50mlほどいれて、カットしたじゃがいもを入れラップをかけましょう。600Wで4分ほど加熱したら、水気をしっかりととります。

トッピングをする
2.じゃがいを食パンの上に乗せたら、塩胡椒をして下味をつけましょう。そこに、めんたいマヨネーズで味付けをし、チーズをトッピング。
3.具を全部載せたら、トースターでチーズにこんがりと焼け目がつくまで焼いていきます。完成したら、お好みでパセリをちらすとより本格的です。

ツナ缶

業務スーパーのツナ缶、4缶入ってとってもお得なので気に入っています。サラダにトッピングしてもいいですし、ほうれん草と炒めてもおいしく、お弁当のおかずにもなるんです。
ツナはしっかりとオイルカットし、少量のマヨネーズと和えれば家庭でもベチョっとしないにツナマヨおにぎりを作ることもできます。筆者の家庭では、手巻き寿司の具の一つとしてもよく登場するんですよ。

ツナマヨパン

【材料】(1人前)
・食パン……1枚
・玉ねぎ……1個
・ツナ缶……1缶
・にんにく……1かけ

<a>
・マヨネーズ……大さじ2
・塩胡椒……適量
・ブラックペッパー……お好みで

【作り方】
1.食パンはトースターにてカリッと焼く。ツナ缶はしっかりとオイルカットをしましょう。玉ねぎは皮をむき、薄くスライスします。水にさらしておき20分ほど経ったら固く絞っておきます。

ツナマヨ
2.小さいボウルで<a>を混ぜあわせておきます。トーストした食パンにマーガリンを塗り、先ほど混ぜ合わせた<a>を塗ります。オイルカットしたツナをのせましょう。
3.トースターにて2分ほど焼いたら完成です。熱々ジューシーなツナトーストを召し上がれ。

ピザ用ソース

ピザ作りのときにも役に立つのが、ピザ用ソース。ケチャップ型のピザソースや、チーズが濃いものまでさまざまな種類が出されています。こちらはハーブの豊かな香りがするので、ピザ作りの他チキントマトスープを煮込むときやパスタをチャチャっと和えるときにも重宝するのです。サンドイッチのソースとしてもおすすめです。冷蔵保存している場合で加熱しないのなら、常温に戻してからソースとしてサンドするのがおすすめです。

ピザパン

【材料】(1人前)
・食パン……1枚
・玉ねぎ……4分の1個
・ピザソース……大さじ1
・にんにく……1かけ
・カットベーコン……適量
・とろけるチーズ……適量
【作り方】
1.にんにくと玉ねぎは皮を剥いて、薄くスライスします。水にさらしておき20分ほど経過したら、かたく絞ってザルで水を切っておきます。

ピザソースを乗せていく
トッピングしていく!
2.食パンを冷凍している場合は、ベーコンをトッピングしてトースターで解凍も兼ねて加熱しておく。表面がカリッとするくらいでOK。ピザソースを食パンに塗っていきましょう。先ほど水気を切った玉ねぎをトッピングします。最後にとろけるチーズをトッピングしておき、そのうえにスライスしたにんにくをおきましょう。
3.ベーコン以外の具を全てトッピングできたら、トースターで2分ほどカリッと焼いて完成です。家庭菜園で作ったバジルをトッピングしたら、本格的なピザパンになります。

おしゃれに簡単に

家族が集う夕食に注力するのなら、手抜きもOK。しかし、自分一人のご飯のときにあまりに質素だとそれはそれで虚しくなってくるのが主婦たるもの(笑)。たまには自分のために手間をかけてみる。その際は、おしゃれなトーストレシピに頼るのもありですね!

東城ゆず/ライター