「秋ナスは嫁に食わすな」と表現がされるほど旬のナスのおいしさは格別です。そんなナスの魅力を存分に味わえるメニューをメインにお弁当メニューをご紹介していきます。甘酢で味付けしたとろとろのナスと豚バラの組み合わせは、ご飯が進む鉄板の一品ですよ。

今回ご紹介するのお弁当メニュー  

  • ご飯  
  • ゆで卵  
  • 豚バラとナスの甘酢炒め  
  • インゲンの塩昆布ナムル  
  • ミニトマト

豚バラとナスの甘酢炒め

<材料>  

  • 豚バラ肉(焼肉用)120g  
  • ナス       1本  
  • 塩コショウ    適量  
  • 片栗粉      適量  
  • 米油       大さじ1程度

 (甘酢ソース)  

  • 砂糖       大さじ3分の2  
  • 酢・醤油     大さじ1  
  • 酒        大さじ2分の1

<作り方>

⒈甘酢ソースを合わせておきます。甘酢ソース

⒉ナスはヘタを切り落として縦半分にカットしたあと、斜めに飾り包丁を入れ、半分を4等分に(合計8等分)にカット。
飾り包丁を入れて8等分

そのあとすぐに油をナス全体にまぶしておきましょう。こうすることで変色を防ぎ、トータルの油の量を減らす効果にも!
油をまぶす

⒊油をひいて熱したフライパンに、まずナスを皮を下にして置き、蓋をして蒸し焼きにします。ナスが全体的に萎んだらひっくり返して、さらに2〜3分蒸し焼きにして、焼き色がつくまで焼きます。
ナスを焼く

⒋ナスを一旦取り出して、塩コショウをして片栗粉をまぶしておいた豚バラを焼きましょう。
豚バラを焼く

⒌両面大体焼けたらナスを戻し、甘酢ソースを回しかけ炒り煮をして完成。
ナスと甘酢を加える

【インゲンの塩昆布ナムル】

<材料>  

  • インゲン 5〜6本  
  • 塩昆布  ひとつまみ  
  • ごま油  小さじ2分の1  
  • いりごま 適量

<作り方> 

⒈インゲンは3〜4等分にカットし、レンジ600Wで1分ほど加熱します。
いんげんを切ってレンジでチン

⒉冷水にとって色止めし、水分を拭き取っておきましょう。
いんげんの色止め

⒊塩昆布、ごま油、いりごまを加えて和えたら完成!
和える

盛り付け

インゲンと塩昆布のナムル、ミニトマトを副菜ゾーンに盛り付け、メインの豚バラとナスの甘酢炒めには仕上げのいりごまを振りかけます。

ご飯の上に輪切りにしたゆで卵を彩りよく乗せたらお弁当の完成!

副菜のインゲンの緑、ミニトマトの赤、ゆで卵の黄色と、色合いもきれいで蓋開けたときの気分が上がること間違いなし。さらに食べごたえのある豚バラ肉と相性のいいナスをご飯が何倍でもいける鉄板の甘酢で味付けし、ご飯をがっつり食べられるお弁当に仕上がりました。

詳しい作り方は動画をチェック

※Youtube動画については元記事で御覧ください

お弁当を楽しくおいしく可愛く作れるコツが満載!「にぎりっ娘。」の公式サイトではお弁当作りのヒントがいっぱいです!

にぎりっ娘。/お弁当系Youtuber兼お弁当研究家