当たり前に使っていた言葉や、自分の中で疑うことのなかった常識が、もし間違っていたとしたら……。日常的に使う言葉をアップデートしていきませんか?

クイズ:「お世話様です」という言葉を使ってはいけない、NGな場面とは?

挨拶代わりに使いたくなる、この言葉。
使ってはいけない、NGな場面があるのご存知でしたか?

答え:「目上の人に使ってはいけない言葉」

出典:stock.adobe.com

なんと、「お世話様です」は敬語ではありませんので、目上の方に対しては使わない言葉なんです。ビジネスシーンでは、上司やお客様に使うと失礼にあたる言葉になります。

でも、言葉の意味はお世話になっている相手に感謝を込めてお礼を述べる言葉なので、なぜ目上の方に使っていけないのか疑問に思いますよね。

実は「お世話様です」には、”ご苦労様”というニュアンスが含まれているんです。
”ご苦労様”には、相手にお礼を述べるのに加え、フランクに労をねぎらう意味もあるんだそう。

「お世話様です」を目上の人に使うのがNGとされるのは、言葉の意味から敬意が薄くなるためです。

そのため、社外の取引先のお相手には「お世話になっております」と伝えるのが適切です。

使い方を間違ってしまうと、悪意がなくても敬意が伝わらないこともあるので気をつけたいですね。

ayako/ライター