カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。 特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。 今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の高田馬場編の第四弾です。

大正3年創業の老舗寒天工房

JR高田馬場駅から少々歩いた神田川沿いの遊歩道に面している『寒天工房 讃岐屋』。

遊歩道に面して、素敵な縁側があります。

天気の良い日は、1番人気の席になるそうです。

神田川の桜並木を眺められるので、桜の咲く季節は最高に贅沢な縁側になりますね。

大正3年(1914)に雑司ヶ谷で創業。初代の岡照一さんが、香川県出身とのことで『讃岐屋』と店名を決めたとのこと。

その後高田馬場駅近くに移転し、和菓子だけでなく洋菓子も手掛けていたそうですが、昭和62年に現在の地に移り製造卸中心の営業になったそうです。

店内に入ると、まずテイクアウトコーナーがあります。

見ていると次から次にテイクアウトのお客様が訪れていて、人気商品は早めに売切れてしまうことも多いそうです。

奥が喫茶室になっていて、各種あんみつ・豆かん・ところてん・ぜんざいなどを楽しむことが出来ます。

絶品! 炙りたて「み焦炙団子」

み焦炙団子(みこあぶだんご) 4本盛り560円。
み焦炙団子(みこあぶだんご) 4本盛り560円。

喫茶室での人気の「み焦炙団子」は、比較的新しいメニュー。提供時間は、13時以降になります。

み焦炙とは、みたらし焦がし炙りの略。もう、聞いただけでもお腹すいてくるにゃー♪

炙った団子に甘辛だれを絡めて提供される、温かな「み焦炙団子」。

これが、ウマウマMAXひゃっほー!

甘辛だれは醤油味強めで甘ったるくなくて、焦げ目の付いた歯応えある団子との相性バッチリ!

3皿は食べられる美味しさで、大満足にゃー♪

寒天がさすがの美味しさの「あんみつ」

クリームあんみつ 780円。
クリームあんみつ 780円。

そして寒天工房として忘れてはならない「あんみつ」。

黒猫がオーダーしたクリームあんみつの他に、レギュラーメニューであんみつと、クリーム白玉あんみつがあります。

寒天、餡、赤えんどう豆、バニラアイス、杏、求肥餅と、ごく一般的な「クリームあんみつ」の内容ですが、まず美味しさが段違い♪

別添えの特製黒蜜を、たらーり♪

濃厚だけど雑味のないすっきりとした後味の黒蜜。

たっぷりと全部かけても全くクドくならなくて、ウマウマ倍増にゃー♪

そして美味しさの要は、やはり寒天。

一般的なあんみつの寒天より、ひと回り以上大きくカットされて寒天本来の味わいを楽しめます。

もちろん併設された寒天工場で、伊豆産の上質な一番天草だけを使い、職人が自ら手作りする無添加の寒天だから出来る自信ですよね。

黒蜜をかける前に寒天だけを味わって、美味しいと思ったのは『讃岐屋』が初めてです。

あと求肥餅の、フカフカもちもち食感も感動ものですよ。

百年受け継がれてきた変わらない美味しさを、ぜひ味わってくださいね。

甘味とセットだと、440円の珈琲(ホットorアイス)が220円になります。

 

保存料は一切使用せず、素材のおいしさを引き出しシンプルに提供される和スイーツは、どれも絶品で今回も大満足の“黒猫スイーツ散歩”だったにゃー♪

『寒天工房 讃岐屋』店舗詳細

寒天工房 讃岐屋
住所:東京都新宿区高田馬場3-46-11/営業時間:テイクアウト11:00〜17:00、喫茶室12:00〜15:30LO
/定休日:水/アクセス:JR・私鉄・地下鉄高田馬場駅徒歩15分

取材・文・撮影=ミスター黒猫

ミスター黒猫
日本一パンケーキを食べる男
朝は喫茶店のモーニング・昼はカフェでランチ・おやつはパンケーキ・スイーツを食べ歩くのが日課。雑誌FLASHでは【日本一パンケーキを食べる男】として紹介される。カフェ・純喫茶・パンケーキ・スイーツなどを年間約1000店以上訪問。Instagramでも約6万人のフォロワーに毎日2回スイーツ情報を発信し、テレビ・ラジオ・webメディアなどでも活躍中。