愛される味にはワケがある!こだわりのたまごサンド、コーヒーとの相性ベストマッチなホットドック、まるでケーキなホットケーキ。門前仲町、住吉、森下で素敵な老舗喫茶を見つけました。

湯気立つ幸せたまごサンド『エスポワール』[門前仲町]

たまごサンド。
たまごサンド。

「卵が熱いって言うまで静かに待つんです」とガスコンロに向かうマスターが言えば、その横で「トーストにも絶対使いません」と常に最高の切れ味を保った専用包丁で食パンを切る奥さん。先代直伝のレシピを守り、メニューも増やさない。いつも笑顔、いつも仲良しだから、いつもほっかほか極上の玉子サンドが、あっという間に出てくる。この優しい味と色合い、ふくよかな厚みと柔らかさは、この明るいチームプレーから生まれるのだ。

マスターが卵を焼き始めると同時に奥さんがパンをカッ ト。
マスターが卵を焼き始めると同時に奥さんがパンをカッ ト。
自慢の自家製マヨネーズを塗ってキュウリをのせると、卵も焼き上がる。
自慢の自家製マヨネーズを塗ってキュウリをのせると、卵も焼き上がる。
流れるような見事な連携プレーで、玉子サンド640円の完成。ブレンドコーヒー 470円。
流れるような見事な連携プレーで、玉子サンド640円の完成。ブレンドコーヒー 470円。

『エスポワール』店舗詳細

エスポワール
住所:東京都江東区富岡1-9-8/営業時間:9:00〜18:00LO(日・祝は〜17:00LO)/定休日:土(縁日の場合は翌週の月)/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅からすぐ

変わらぬ味と佇まいで半世紀『みどり屋』[住吉]

ホットドッグ330円。ネルドリップのコーヒー330円。
ホットドッグ330円。ネルドリップのコーヒー330円。

ドアを開けるとタイムスリップしたような下町純喫茶。「これが壊れたら店を閉めます」とママさん自慢のガスオーブンは、昭和33年の創業時に取り付けた特注品。このベテランマシンを知り尽くした母娘だからこそ、先代の考案した味をそのまま出せるのだ。こだわりのウインナー、和えた千切りキャベツをドッグパンに挟んで焼くというセンスが、どこか懐かしい味と食感を持った一品になる。深煎りコーヒーと共に召し上がれ。

ドッグパンにウインナーとキャベツをはさみ、年季の入った電気オーブンの焼き具合を巧みに調節して作る。
ドッグパンにウインナーとキャベツをはさみ、年季の入った電気オーブンの焼き具合を巧みに調節して作る。
これぞ昭和喫茶の佇まい。
これぞ昭和喫茶の佇まい。

『みどり屋』店舗詳細

みどり屋
住所:東京都江東区扇橋2-6-13/営業時間:8:30〜14:30(土は9:00〜14:00)/定休日:日/アクセス:地下鉄半蔵門線・新宿線住吉駅から徒歩7分

ホットケーキはケーキである『小野珈琲』[森下 ]

ホットケーキ2枚740円。1枚370円でも注文できる。小野さんイチオシの小野珈琲ブレンド590円。コーヒー豆の購入もできる。
ホットケーキ2枚740円。1枚370円でも注文できる。小野さんイチオシの小野珈琲ブレンド590円。コーヒー豆の購入もできる。

「おいしいもの、良いものを出したい!それだけです」と言い切る小野さんは、喫茶店歴30年以上の若きベテラン。昔から焼いてたホットケーキをもっとおいしくしたいと、材料の分量、混ぜ具合、温度、焼き加減……思い付く限りのレシピを試して、初めて見たお客さんが必ずおぉ〜と言う、この豊かな膨らみとしっとり感を持つスタイルにたどり着いた。今まで見慣れたお手軽ホットケーキが、しっかり洋菓子だったことを再認識させる。

粘度の強いタネを、長年使い続ける銅板で時間をかけてじっくり焼き上げる。
粘度の強いタネを、長年使い続ける銅板で時間をかけてじっくり焼き上げる。

『小野珈琲』店舗詳細

小野珈琲
住所:東京都江東区森下2-17-5/営業時間:9:00〜20:30LO(日・祝は〜18:30LO)/定休日:不定/アクセス:地下鉄大江戸線・新宿線森下駅から徒歩1分

取材・文=高野ひろし 撮影=小野広幸