舌の肥えた住人が多いという笹塚、マニアックな店が並ぶ代田橋、学生の街・明大前と空気がまったく異なる3エリア。一度訪れたら通ってしまうこと間違いなしの、味も雰囲気もコスパもいい店を探しました!

≪気軽にわいわい楽しむ3軒≫

使い勝手も抜群!『くろかん』[明大前]

気が利く酒と肴が勢揃いの和み空間

玉こんにゃくがお通し。刺し身盛り合わせは1人前もOK。味付けあっさりの肉豆腐 600円。
玉こんにゃくがお通し。刺し身盛り合わせは1人前もOK。味付けあっさりの肉豆腐 600円。
奥にテーブル席と2階席もある。
奥にテーブル席と2階席もある。

今どきのおしゃれなテイストと酒場らしさのバランスが絶妙。知らない人同士なのに、気が付いたらカウンターの全員で盛り上がることも多く、「自分もお客さん側に行きたいですよ」と笑う店主の黒川信彦さん。旬の刺し身や揚げ物、煮込みなどツボを押さえたつまみが揃いつつ、山形県のレアな地酒もあるというラインナップも心憎い。心がほぐれるだけでなく使い勝手も抜群だ。

調理中も店主の黒川さんと話せる距離感がいい。
調理中も店主の黒川さんと話せる距離感がいい。
山形は黒川さんの出身地。地元の酒販店から仕入れるので、県内限定出荷の銘柄も。
山形は黒川さんの出身地。地元の酒販店から仕入れるので、県内限定出荷の銘柄も。

『くろかん』店舗詳細

くろかん
住所:東京都世田谷区松原1-32-11/営業時間:18:00〜23:30ごろ/定休日:日/アクセス:京王電鉄京王線・京王井の頭線明大前駅から徒歩2分

奥行きの広〜い楽しみ!『茶割ダイナー Do The Boogie』[代田橋]

茶割から始まる過ごし方は無限大

代表の樋口恭平さんも大の茶割好き。茶割は221の組み合わせがあり、すべて 1杯550円。
代表の樋口恭平さんも大の茶割好き。茶割は221の組み合わせがあり、すべて 1杯550円。
太麺がおいしいブギそば 800円、抹茶入りバンズのチャンバーガー 800円。
太麺がおいしいブギそば 800円、抹茶入りバンズのチャンバーガー 800円。

赤いカーテンが目を引く怪しげな雰囲気。店名通り、約20種類のお茶とお酒を合わせた茶割が楽しめるのはもちろんだが、それだけじゃない。料理も軽いつまみからがっつり系のハンバーガーやラーメンまで充実しているので、食事目当てでも、チャイやコーヒーの茶割で夜のカフェとしても使える。屋上をイメージした2階では、キャンプ飯で飲み放題プランも実施。奥行きの広〜い楽しみが満載!

元はガレージで店内は広々。
元はガレージで店内は広々。

『茶割ダイナー Do The Boogie(ドゥ ザ ブギー)』店舗詳細

茶割ダイナー Do The Boogie(ドゥ ザ ブギー)
住所:東京都杉並区和泉1-3-3/営業時間:19:00〜翌3:00/定休日:火/アクセス:京王電鉄京王線代田橋駅から徒歩5分

ソムリエの夫婦が切り盛りする『ワイン食堂 久(きゅう)』[笹塚]

気取らずワインを楽しむならここ!

グラスワイン 616円。海老のアヒージョ 880円に付いた自家製丸パンが絶品。手打ちのピチアラビアータ 80g 770円〜など。
グラスワイン 616円。海老のアヒージョ 880円に付いた自家製丸パンが絶品。手打ちのピチアラビアータ 80g 770円〜など。
放射線状にテーブルを配置し、店全体に一体感があるのもいい。
放射線状にテーブルを配置し、店全体に一体感があるのもいい。

ソムリエの夫婦が店を切り盛り。夫の久田浩二さんが主にフロア、妻の奈津子さんはカウンターを担当する。ワインは、フランスやイタリア中心に2000〜4000円台で十分満足できる味をセレクト。接客も朗らかでてきぱきとしてとても気持ちがいい。料理はイタリアンベースで肉から魚料理、手打ちパスタまで幅広く揃うが、毎週通う常連客も多いので、次々とメニューが入れ替わるのもうれしい。

二人と旅の話をするのも楽しい。
二人と旅の話をするのも楽しい。

『ワイン食堂 久(きゅう)』店舗詳細

ワイン食堂 久(きゅう)
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-56-1/営業時間:17:00〜23:00(日・祝は15:00〜22:00)/定休日:月、ひと月に2回不定休/アクセス:京王電鉄京王線・京王新線笹塚駅から徒歩7分

≪しみじみ美食に浸る3軒≫

メニューはコース一本!『身ノ程知ラズ』[明大前]

センスとユーモアあふれる料理に脱帽

わさビーフ、チーズの茶碗蒸し、雪見椀など7品で 4180円。日本酒 660円〜。
わさビーフ、チーズの茶碗蒸し、雪見椀など7品で 4180円。日本酒 660円〜。
店主の千場さんとのおしゃべりも楽しい。
店主の千場さんとのおしゃべりも楽しい。

しっとり落ち着いたカウンター席のみの店内で、メニューは月替わりのコース料理一本。思わず背筋が伸びるが、料理を食べ始めると一気に印象が変わる。店主の千場誉さんが、“まいばすけっと”のチーズを使ったと豪語する茶碗蒸しや、“わさビーフ”など「切り口を変えて、真面目にふざけた料理」が実におもしろいのだ。ユーモアたっぷりな料理とおすすめの地酒との相性のよさに、杯が進む。

この時季のおすすめの新酒にごり酒。3つの酒販店からバランスよく仕入れる。
この時季のおすすめの新酒にごり酒。3つの酒販店からバランスよく仕入れる。
毎月訪れる常連客も多数。カウンター8席なので予約推奨。
毎月訪れる常連客も多数。カウンター8席なので予約推奨。

『身ノ程知ラズ』店舗詳細

身ノ程知ラズ
住所:東京都世田谷区松原2-29-17 ルミナス松原1F/営業時間:18:00〜23:00/定休日:日/アクセス:京王電鉄京王線・京王井の頭線明大前駅から徒歩3分

ジャンルを超えて工夫を凝らした料理!『麟』[笹塚]

和洋中気になるメニューがいっぱい

茶碗蒸しはお通しの一品。ガリと芽葱の薬味海苔巻 500円(ハーフ)。薄皮で肉の旨味が際立つ粗挽き海老シュウマイ 770円。
茶碗蒸しはお通しの一品。ガリと芽葱の薬味海苔巻 500円(ハーフ)。薄皮で肉の旨味が際立つ粗挽き海老シュウマイ 770円。
店主の林さん。2021年4月に独立オープン。
店主の林さん。2021年4月に独立オープン。

「いろいろ選べる楽しさを味わってほしい」と店主の林賢人さん。その言葉通り、シュウマイ、なめろう、蒸し鶏とゴボウのユッケなどジャンルを超えて工夫を凝らした料理が目白押し。石川県のイシダイや島根県のクレソンなど厳選した旬の素材から、それぞれを活かす味付けや調理法を考えていく。バラエティ豊かな料理には、淡麗から旨口まで揃う日本酒のほか、ワインもよく合う。

奥にはテーブル 席も。
奥にはテーブル 席も。

『麟(りん)』店舗詳細

麟(りん)
住所:東京都渋谷区笹塚1-16-5 酒井ビル1F/営業時間:16:00〜22:00/定休日:日(不定休あり)/アクセス:京王電鉄京王線・京王新線笹塚駅から徒歩3分

落ち着いて和食を楽しめる『金兎』[笹塚]

気軽かつ贅沢に楽しむ割烹の味

うなぎ白焼 1580円、旬の野菜盛り合わせ 780円。日本酒は 900円〜で旨味の濃いものが多い。
うなぎ白焼 1580円、旬の野菜盛り合わせ 780円。日本酒は 900円〜で旨味の濃いものが多い。
せいろ 800円。本枯れ節をたっぷり使ったつゆや濃いそば湯も格別。
せいろ 800円。本枯れ節をたっぷり使ったつゆや濃いそば湯も格別。

界隈では数少ない、落ち着いて和食を楽しめる店。一番人気という原始焼きのうなぎ白焼は、パリッと香ばしい皮に驚き。旬の野菜の盛り合わせも、それぞれの持ち味を生かした繊細な味付けで、割烹で培ったという店主の小俣茂雄さんの腕が光る。着物姿の女将さんの細やかな気遣いも心地よく、細麺の手打ちそばでの締めも最高! いい時間を過ごしたなぁとしみじみすること間違いなし。

小俣さんは地元・笹塚出身。
小俣さんは地元・笹塚出身。

『金兎(かなう)』店舗詳細

金兎(かなう)
住所:東京都渋谷区笹塚1-24-1 ヴァルム笹塚1F/営業時間:18:00〜23:00/定休日:日不定/アクセス:京王電鉄京王線・京王新線笹塚駅から徒歩3分

取材・文=井島加恵 撮影=逢坂 聡、加藤熊三
『散歩の達人』2022年1月号より